« December 2005 | Main | May 2006 »

マッチョな業界

 ある人から、「社会における男女の役割は、生物学的な理由によるものは少なく、その国の歴史的・文化的な背景によるのだ。」と教わった。
 例えば、北欧においては社会的な性差は極めて少ないそうである。それは、かつてバイキングの社会で男が長期で留守になることが多く、女が社会的な役割を担ったという歴史的な背景があるそうだ。
 つまり、日本において男性的な職業と思われているものが、他の国ではそう思われていないことも珍しくないのである。

Continue reading "マッチョな業界"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | May 2006 »