« 異なる視点 | Main | コミュニティビジネス 行政アプローチ・プロジェクト始動 »

氷下魚

 咽のあたりに違和感がある。と言っても風邪をひいたわけではない。
 昨夜、親しくして頂いている中小企業の社長さんと飲みにいったのだが、その時にご馳走になった魚の骨が刺さってしまったようだ。

 とても美味しい魚だったので、頭からガブリとかじりつき、尻尾まで残さず全部食べた。どうやら、その際に骨が刺さったらしい。違和感はあるが、痛いわけではないので放ってある。(まぁ、そのうちとれるでしょ。)
 その魚は、ふっくら焼いた白身の魚で、マヨネーズを少しつけて食べた。脂がのっていて生ビールにバッチリとあう。

 海の近くで育った僕は、魚が大好きで、美味しい魚を食べると幸せな気分になる。
 この夏、故郷(山口県)に帰った折に鱧(はも)と瀬戸内の甘~い蛸をたらふく食べたが、その時以来の幸福感である。

 今回はじめて食べたこの白身魚の名前は「コマイ」という。「氷下魚」と書くそうだ。
 なんとも美しい名前である。

|

« 異なる視点 | Main | コミュニティビジネス 行政アプローチ・プロジェクト始動 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

美味しそう!
今度是非ご一緒に★
ご飯をごくんと飲みましたか?

Posted by: 上田雅美 | 2005.09.08 at 11:31 PM

はい、今度は是非ご一緒に!
(魚の骨はまだとれてません)

Posted by: 中村文彦 | 2005.09.09 at 11:57 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16525/5845270

Listed below are links to weblogs that reference 氷下魚:

« 異なる視点 | Main | コミュニティビジネス 行政アプローチ・プロジェクト始動 »