« August 2005 | Main | October 2005 »

コーチングとリーダーシップ開発

 好川哲人さんのメルマガ「PM養成マガジン」で、大坪隆志さんが連載を開始された。
 最近はすっかりとご無沙汰しているが、大坪さんとは互いのメルマガをきっかけにしてメールをやり取りしたり、JPMFのSIGで意見交換をしたことがある。
 連載記事のタイトルは「意識と行動に変革を起こすコーチング」である。
 好川さんもコメントされているが、期待できる内容である。

Continue reading "コーチングとリーダーシップ開発"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

酒バトンがやってきた

 上田雅美さんから「酒バトン」が回ってきた。
 早速チャレンジ。

Continue reading "酒バトンがやってきた"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PMIにデビュー

 2005年11月4日(金)、5日(土)に開催されるPMI東京フォーラム2005に講師として参加することになった。
 僕が登場するのは11月5日のPM人材育成トラックである。

Continue reading "PMIにデビュー"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

起業家達との飲み会

 昨夜は、友人達との飲み会があった。
 今回集まったのは、ネットトレーダーの椎名馨子さん、アイコーチ(有)の幸地司さん、(有)アンジーの森英信さん、コンサルタントの紅帆船さん、カリスマ主夫の網干勝弘さんと僕の6人。純粋なサラリーマンは僕だけで、後は皆さん起業家である。

Continue reading "起業家達との飲み会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【書評】クエスチョン 答えはその中にある

●書 名 :クエスチョン 答えはその中にある
○著 者 :ジョン・G・ミラー
○出版社 :日本能率協会マネジメントセンター

クエスチョン 答えはその中にある

  「お客はいつになったら仕様を決めてくれるんだ。」
  「こいつら、ちゃんと納期を意識して仕事をしてんのか。」
  「何でこんなにバグが多いんだ。」
  「誰がこんな仕事を取ってきたんだ。」
  「何で俺がこんな目にあわなきゃいけないんだ。」
  「いつになったら、会社は手を打ってくれるんだ。」
 システム開発の現場では、このような質問が蔓延することは珍しいことではない。プロジェクトに関わる全員が被害者モードの場合もある。

Continue reading "【書評】クエスチョン 答えはその中にある"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阿久津真矢の教え

 僕は、TVはほとんど観ない生活をしている。しかし、たまに「ハマって」しまう番組があって、このような番組は欠かさず観てしまう。
 今回は、「ハマって」しまった番組が二つもあった。
 その二つとは、「ドラゴン桜」と「女王の教室」である。

Continue reading "阿久津真矢の教え"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今更ながらの適職診断

 若年層のために「働くこと」に関する情報発信や意見交換を目的とした「ニュートラ」というサイトがある。
 この中に適性・適職診断があるので試しにやってみた。
 結果は以下の通りである。

Continue reading "今更ながらの適職診断"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

情報サービス業における「偽装請負」について

 先週金曜日の話だが、首都圏労働局主催の「情報処理業における 派遣・業務請負適正化セミナー」の案内をJISA(情報サービス産業協会)が会員向けメーリングリストに流したところ、短時間のうちに定員に達するという結果になった。
 このセミナーは、いわゆる「偽装請負」をなくし、情報処理業における契約形態の適性化を啓蒙するものであった。いかにこのテーマに関心が高いかがわかる。

Continue reading "情報サービス業における「偽装請負」について"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

小骨の値段

 先週から咽喉に刺さっている魚の骨がなかなかとれず、昨日からは痛みも出てきたので、近所の病院(耳鼻咽喉科)に行った。
 咽喉に刺さった魚の骨を病院で取ってもらうのは3歳の時以来である。

Continue reading "小骨の値段"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

【書評】ジョイ・オブ・ワーク~組織再生のマネジメント

●書 名 :ジョイ・オブ・ワーク~組織再生のマネジメント
○著 者 :吉田 耕作
○出版社 :日経BP

ジョイ・オブ・ワーク~組織再生のマネジメント

Continue reading "【書評】ジョイ・オブ・ワーク~組織再生のマネジメント"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コミュニティビジネス 行政アプローチ・プロジェクト始動

 本日、コミュニティビジネスに関わるプロジェクトの打ち合わせを行った。少し前のブログにも書いたが、リーダーを担当されていた中小企業診断士の先生が急遽リーダーから外れることになったので、僕がプロジェクト・リーダーを担当することになったのである。

Continue reading "コミュニティビジネス 行政アプローチ・プロジェクト始動"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

氷下魚

 咽のあたりに違和感がある。と言っても風邪をひいたわけではない。
 昨夜、親しくして頂いている中小企業の社長さんと飲みにいったのだが、その時にご馳走になった魚の骨が刺さってしまったようだ。

Continue reading "氷下魚"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

異なる視点

 日経ビジネスに4年間にわたって掲載されていた遥洋子さんのコラム「働く女性の眼」が、今回の号(2005年9月5日号)で終わるそうだ。
 毎回楽しみにしていたコラムなので、がっかりしている。

Continue reading "異なる視点"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

PMシンポジウムとそれぞれの満足度

 PMシンポジウムでは、当然のことながら、来場者にアンケートを取っている。
 このアンケートの内容が今回のシンポの通知表となり、次回のシンポ・プロジェクトへのインプットとなる。

Continue reading "PMシンポジウムとそれぞれの満足度"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「PMシンポジウム2005」大盛況のうちに完了

 9月1日と2日の二日間にかけて開催された「PMシンポジウム2005」が大盛況のうちに終わった。企画チームのリーダーとして参画した僕にとっては、約1年に近いプロジェクトの完了である。
 二日間の延べ来場者数は2,000人であり、集客目標を超えることができた。これもすべて実行チームの全員が力を合わせた成果である。まさしく今回のシンポのテーマである「強い個と強い組織」の実践であった。
 これだけのシンポジウムをボランティアで実現してしまうJPMFのDNAは本当にすごいと思う。

Continue reading "「PMシンポジウム2005」大盛況のうちに完了"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« August 2005 | Main | October 2005 »