« 「PMシンポジウム2005」企画キックオフ | Main | 華やかでない人々 »

往復書簡「意識改革のプロセス化」を読んで

 JPMFオンラインジャーナルのディスカッションコーナーおよび中尾英司さんのサイトに、中尾さんとオンラインジャーナル編集長の渡辺さんの往復書簡が掲載されています。
 実力者同士の往復書簡は、さすがに読み応えがありますね。まるで剣豪の立会いのようです。

 「意識改革のプロセス化」(質問) 
 「意識改革のプロセス化」(回答) 
 「意識改革のプロセス化」(回答)続 


 この書簡の中で、「プロファイリングマネジメント」というキーワードが出てきますが、非常に重要な考え方ですね。
 複雑かつ曖昧な問題を戦略的に解決する際には、必要不可欠な手順です。
 この手順を踏まない問題解決は、かえって悪影響を及ばす可能性もあります。


 ところで、中尾さんの書簡の中で、非常に興味深い記述がありました。
 それは、以下の記述です。

 ここで思うことは、人は理念や理屈では動かないということです。  人が動くのは、肌身に感じて困った時です。
(中略)
 つまり、「あるべき姿」の一部が具体化されると他の「ありのままの姿」の部分も困った状況に陥り、皆が困ったタイミングで次の組織改革を行うとやりやすくなり、かくして組織改革が連鎖する、というのが私の考えです。
 これには、「なるほどなぁ」と思いました。  実際に組織改革をリードしてきた方ならではの意見ですね。参考になりました。

|

« 「PMシンポジウム2005」企画キックオフ | Main | 華やかでない人々 »

「ビジネス関連コラム」カテゴリの記事

「プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16525/2129645

Listed below are links to weblogs that reference 往復書簡「意識改革のプロセス化」を読んで:

« 「PMシンポジウム2005」企画キックオフ | Main | 華やかでない人々 »