« 「システム思考」を学ぶ | Main | ビーバースカウトと山歩きしました »

ITコーディネータとPMP

 2004年11月04日付けのIT Pro-Newsによると、前日のIT Proサイトのアクセス第1位は以下の記事だったようです。(11月05日付けでも、第2位でした。)

●2004年度版「いる資格、いらない資格」
 ――営業はITコーディネータ、技術者はPMPが人気

 
 まず、この記事(タイトル)が、アクセス第1位になるということ自体、私にとっては興味深いです。
 資格に対するITプロフェッショナルのスタンスは、人それぞれですが、やはり気している人は多いということですね。

 記事を読むと、内容は主要ソリューションプロバイダ60社に対して実施したアンケート結果を説明しています。
 つまり、社員が取りたい資格ではなく、会社が社員に取得させたい資格が何かということです。


 営業職のトップが「ITコーディネータ」というのは、「おおっ」といった感じです。
 なぜなら個人的な意見として、ITコーディネータは営業職が取得するのが、一番よいかもしれないなぁと考えていたからです。

 ITコーディネータの人材像はエンジニアというよりは、ITセールスの延長線上にあるように思います。
 ITセールスが、キャリアアップのために保有すべき知識のベンチマークとしては、なかなか良いのではないかと思います。ITコーディネータはコミュニティ的な活動も盛んなので、人脈形成にも役立つように思います。


 一方、技術職のトップは「PMP」でした。

 記事の中にあった、キーウェアソリューションズ社の実例だと、資格教育は事業部門の方針に任せる方針に転換したようですが、プロジェクトマネジャーだけは例外で、全社の予算で教育を継続しているようです。

 PM人材が不足しているのが実感できますね。
 PM育成は、まだ緒に就いたばかりのようです。


 ところで、社員に取得したい資格のアンケートを取ると、どうなるのでしょうか。
 会社の意向とは、かなりギャップがあるように思いますが、どうでしょうか。

|

« 「システム思考」を学ぶ | Main | ビーバースカウトと山歩きしました »

「学問・資格」カテゴリの記事

「IT関連コラム」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16525/1874877

Listed below are links to weblogs that reference ITコーディネータとPMP:

« 「システム思考」を学ぶ | Main | ビーバースカウトと山歩きしました »