« 年輩者から学ぶ | Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
[No.040]リスクマネジメントとリスクテイク(2004/06/30) »

修羅場

 現在、ピンチプロジェクトの支援(火消し)を行っています。
 現時点での投入人員が50名を超えるオフショア開発の案件です。

 先日、好川哲人さんにお会いした際に、修羅場の真っ最中であること告げたら、即座に「いい経験していますねぇ」とニッコリ。

 実は自分でも「いい経験」をさせてもらっているなぁ思っていたのですが、好川さんにそう言われると、「やっぱりそうなんだ」と再確認できました。

 修羅場というのは大変ですが、楽しくもあります。
 湧き上がってくる闘争心に胸が躍ります。

 好川さん曰く、
「プロジェクトマネージャーにむくかどうかは修羅場に入れてみればわかる。修羅場で闘争心を失わない人間、逃げない人間はプロジェクトマネージャーの適性がある。」とのこと。

 同感です。

|

« 年輩者から学ぶ | Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
[No.040]リスクマネジメントとリスクテイク(2004/06/30) »

「プロジェクトマネジメント」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16525/874705

Listed below are links to weblogs that reference 修羅場:

» 修羅場 [成長支援ブログ!]
修羅場を潜り抜けてきた人間は強くなれる。 これは、誰もが共通の認識ではないだろう [Read More]

Tracked on 2004.07.13 at 08:42 AM

« 年輩者から学ぶ | Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
[No.040]リスクマネジメントとリスクテイク(2004/06/30) »