« 素人同士 | Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
[No.039]「強気のスケジュール」が不幸を招く(2004/06/06) »

夢と地道

 2004.5.31の「日経ビジネス」に、野中郁次郎教授、坂村健教授、ノーベル賞の田中耕一氏の対談が掲載されています。
 この中で、田中さんのコメントが大変印象に残りましたので紹介します。

 私自身も夢を追うところはあります。  でも、実際にやっているのは地道な作業ばかりなんです。どうすれば現行製品の性能が5割アップできるだろうか、とか。ざっくりと2割が夢、8割が地道という感じでしょうか。 (中略)  地道に積み上げる作業をしているうちに、いつに間にかものすごいレベルに達していたいうのは、自分自身の経験でもあるんです。

 ある大学で講演した時、学生に「田中先生は大学生の時にどんな夢を持っていましたかと」質問されたんです。思わず「夢ってあったかなぁ」と(苦笑)。彼らにとっては「まず夢を持たねばならない」という脅迫観念があるようです。でも、それは何かをやっているうちに、結果として出てきてもいいのではないでしょうか。初めに夢ありき、というのも必要だけれども、私自身、夢を持っている時もいない時もあります。少なくとも人に言われて夢を持つものではないでしょう。


 この田中さんのコメントはキャリア形成を考える上で、示唆に溢れていると感じました。
 「夢」があるのは、とても素晴らしいことですね。
 しかし、たった今「夢」がなくても、それほど気にすることはないと思います。
 いろいろな方の話を聞くと、目の前の課題に一生懸命取り組んでいるうちに、突然「夢」が手に入るというのは珍しくなさそうです。

 ただ、問題なのは、目の前を通り過ぎていく「夢」に気がつかない人が多いということだと思います。

|

« 素人同士 | Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
[No.039]「強気のスケジュール」が不幸を招く(2004/06/06) »

「キャリア形成」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

はじめて寄せてもらいました。内容についてではなく、引用文の斜体が返って読みづらく感じられました。それよりも引用の箇所は色を変えるとか、「-----------」で前後を囲むなどの工夫で分かりやすくなるのでは。フォントを変えるのも一つの方法です。

Posted by: 吉田正明@函館(52歳) | 2005.04.15 at 05:15 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16525/730518

Listed below are links to weblogs that reference 夢と地道:

« 素人同士 | Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
[No.039]「強気のスケジュール」が不幸を招く(2004/06/06) »