« 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.006]自分の強みと弱みを明確にする
| Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.008]方向性を定める »

上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.007]時流を把握する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□■
□■■  上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
■■□  [No.007]時流を把握する
■□□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2003/01/16━
▼上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン バックナンバー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●自分自身の外部環境分析を行います

 自分自身の内部環境分析に続いて、外部環境を分析します。

 外部環境とは、世の中や身の回りで起きていることで、私たちの生活に
影響を与える事象です。
 いわゆる「時流」は外部環境にあたります。戦略を策定する際には、外
部環境を分析しておくことが大切です。

 外部環境分析は、以下のような手順で考えると分析しやすいと思います。

  1.マクロ環境における気になる事象を列挙する。
  2.ミクロ環境における気になる事象を列挙する。
  3.各事象が及ぼすプラスの影響とマイナスの影響を考える。

●マクロ環境における気になる事象を列挙してみましょう

 マクロ環境とは、自分の生活に「間接的な」影響を及ぼす事象です。
 例えば、IT業界の業況やIT技術の動向等は、SEの生活や自分戦略
に間接的に大きな影響を及ぼします。

 マクロ的な事象で最近気になることを列挙してみましょう。

 なお、事象によっては、間接的であるか直接的であるかの判断が困難な
ものがあります。
 直接的か間接的かの線引き基準は各人の判断で構いません。

 以下に具体例として、私が個人的に気になるマクロ環境を列挙します。
 (このメルマガでは今後、定期的にマクロ環境に関する情報を提供し、
  考察を行う予定です。)

(1)情報サービス産業は冬の時代に突入

 情報サービス産業の各社では、今年の春ごろから受注量に陰りが見え始
め、大手企業が2003年3月期の売上高予想を下方修正する等、現時点では
減退傾向に転じています。
 また、国土交通省の調査発表によれば、情報サービス産業においては長
年にわたり開業率が廃業率を上回っていましたが、2001年9月から開廃業
率が逆転してしましました。

(2)ITサービス市場は年7.4%の高成長率

 IDCジャパンの調査結果によると、IT業界全体としての業況は厳し
いもののITサービス市場は年7.4%の高成長率になると予測しています。
 特にASP等を含んだアウトソーシングは、2004年に急成長し、受託計
算サービスやシステムインテグレーションを抜いて最大規模になることが
予測されています。

(3)「e-Japan重点計画-2002」

 日本政府は、日本経済の再生を目的として「2005年までに世界最先端の
IT国家となる」という目標達成に向けて「e-Japan重点計画」を策定し
ました。
 「e-Japan重点計画-2002」の中では、重点政策分野として以下の5つを
掲げています。
 1.世界最高水準の高度情報通信ネットワークの形成
 2.教育及び学習の振興並びに人材の育成
 3.電子商取引等の促進
 4.行政の情報化及び公共分野における情報通信技術の活用の促進
 5.高度情報通信ネットワークの安全性及び信頼性の確保」

(4)国際競争時代の幕開け

 情報サービス産業においても低価格化の波が押し寄せています。
 コンピュータメーカや大手の情報処理サービス業は、価格競争力を向上
させるために中国やインド等のITエンジニアを本格的に活用しはじめて
います。
 オフショア開発(開発を日本国内ではなく現地で行う)であれば、プロ
グラミングおよび単体テストフェーズの1人月単価は30万円弱です。

(5)Webサービスの本格的な活用

 インターネット上でアプリケーションを連携させる「Webサービス」
を実現するための開発や実行環境がかなり整ってきました。
 今後は、企業情報システムに本格的な導入がなされると思われます。

(6)マネジメントプロセスの高度化

 情報サービス産業においては、エンジニアリングプロセスだけではなく
マネジメントプロセスが急速に高度化されつつあります。
 具体的には、標準知識体系に基づくプロジェクトマネジメント手法やソ
フトウエアプロセス改善手法等の導入です。
 仕事の進め方が、従来と大きく変わっていくことが予想されます。

●ミクロ環境における気になる事象を列挙してみましょう

 ミクロ環境とは、自分の生活に直接的な影響を及ぼしそうな事象です。
 この内容は、各人で様々に異なってくると思います。

 なかなか列挙できないようなら、以下のような4つの切り口で考えて見
て下さい。

(1)自社に関する気になる事象

 自社に関して気になる事象を列挙して下さい。
 自社の業況や今後の見通しはいかがでしょうか。
 また、人事制度の改革や企業統合等、大きな変革の要素はありませんか。

(2)顧客に関する気になる事象

 顧客に関して気になる事象を列挙して下さい。
 お客さんのニーズ(必要性)やウォンツ(欲求)は何でしょうか。
 また最近、お客さんの要望内容や水準に変化はありませんか。
 お客さんは従来とおなじような仕事のやり方でも満足してくれているの
でしょうか。

(3)競合に関する気になる事象

 競合に関して気になる事象を列挙して下さい。
 競合は、今どんなことに力を入れているでしょうか。
 何か自分達とは異なった取組みをはじめた形跡はありませんか。

(4)パートナーに関する気になる事象

 パートナーに関して気になる事象を列挙して下さい。
 パートナーとは、システム開発の外注先や製品の仕入先あるいは戦略的
な連携を行っている企業や個人です。
 パートナーとの関係に変化はありませんか。
 パートナーは現在、どのような戦略を取っているでしょうか。

●各事象が及ぼすプラスの影響とマイナスの影響を考えてみましょう

 マクロ環境とミクロ環境で列挙した事象について、それぞれプラスの影
響(機会)とマイナスの影響(脅威)を考えてみて下さい。
 一見、脅威と思われる事象も機会に結びつく要素があったりします。

 例えば、中国やインド等からのIT技術者の進出は多くのSEにとって
は脅威となるでしょう。
 しかし、国際感覚に優れてマネジメント力に秀でた人であれば、ブリッ
ジSEとして多くの機会に恵まれる可能性があります。

─────────────────────────────────
■閑話休題

 ここ数年、低価格戦略で圧倒的な強さを見せていたファーストフード企
業があります。
 つい最近、家族でこのファーストフード店に入りました。
 ちょうど昼時にあたったのですが、お客はほとんどいません。1年くら
い前までの行列が嘘のようです。

 あくまで個人的な意見ですが、単なる低価格戦略は、競合やパートナー
を窮地に陥れるだけでなく、いずれは自分自身の首をしめる結果となるケ
ースが多いように思います。

 同じ低価格でも、大成功している某百円ショップはマーケティング戦略
が根本的に異なっています。
 お客は、単に安いから買っているのではなく、「えっ、これが百円!」
という驚きにお金を払っているのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご意見・ご感想・ご質問:mentorpin@mbk.nifty.com
購読登録・解除 : http://homepage3.nifty.com/mentorpin/
─────────────────────────────────
発行元:メンターピン・コンサルティング
     http://homepage3.nifty.com/mentorpin/
─────────────────────────────────
原則として無断転載を禁じます。
ただし、内容を一切改変せず全文転載する場合に限り転載許諾は不要です。
(C) Copyright Mentorpin Consulting 2003
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




|

« 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.006]自分の強みと弱みを明確にする
| Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.008]方向性を定める »

「メルマガ・バックナンバー」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16525/394150

Listed below are links to weblogs that reference 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.007]時流を把握する
:

« 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.006]自分の強みと弱みを明確にする
| Main | 上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.008]方向性を定める »