« January 2004 | Main | April 2004 »

オープンソースでSE魂を磨く

 2004/02/14に、メルマガを発行しました。

上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.034]オープンソースでSE魂を磨く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●実装技術の空洞化

 以前、若手のSE達と懇談していた時に、その中の一人が、こんなことを言いました。

 「プロジェクトマネジメントや業務知識の重要性はよくわかります。しかし、僕はできるならプロジェクトマネジメントや業務知識ではなく実装(プログラミング)で食っていきたいんです。」

 コンピュータやプログラミングが好きでこの業界に入ってきたのですから、彼のこの気持ちは、よくわかります。またSEとして、とても健全なことだと思います。

 しかし、このような若手の意見に対して、分別ある大人たちの言うことは厳しいものがあります。

 曰く、
  ・若いうちはいいけど、実装だけではそのうち食えなくなるぞ。今のうちから管理の勉強をしておけ。

  ・中国やインドの技術者と戦っても勝ち目はないぞ。シリンコンバレーのエンジニア達の状況を見てみろ。

 最近では、若いうちから実装の経験よりもプロジェクトマネジメントの経験を積ませようとする企業もあるようです。

 このことの良し悪しは、背景にどんな経営戦略があるかを知らない限り、簡単には判断できません。
 また、本人が実装よりもプロジェクトマネジメントに面白さを感じるなら、もちろんOKです。

 しかし、若手SEに実装を経験させないのは、問題があるような気がします。なぜならSEにとって実装技術は基盤であると思うからです。

 ・・・・・・・・・・・・・・
この記事の続きは、
http://homepage3.nifty.com/mentorpin/malmaga/maga_SEST_0034.htm
でお読み下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【書評】プロジェクトマネジメント

●書名:プロジェクトマネジメント
○著者:近藤哲生
○発行:日本経済新聞社
○お薦め度:★★★★★

実用企業小説プロジェクトマネジメント

 「あきらめの壁をぶち破った人々」に続く実用企業小説の第二段です。
 「あきらめの壁をぶち破った人々」と同じくITプロジェクトを題材にしていますが、今度の舞台はユーザではなく、受注者(SIer)になっています。
 情報サービス業に従事するSEの方々には、より身近な内容です。
 そして、何よりも感動的で勇気が沸いてくる本です。

 『始まった時からすでに失敗している』、こんなプロジェクトが私達の周辺にはたくさんあります。
 主人公の松風大地が、病気入院したプロジェクトマネージャに代わって、急遽配属された「愛川病院向け病室管理システム」も、そんなプロジェクトでした。
 「プロジェクトは人を幸せにするものでなければならない。その成功法則を俺が見つける!」
 主人公の感動の闘いがはじまります。

 私が最も感激したのは、他人とのコミュニケーションが苦手で常に斜に構えているSEの村田が自分の能力を発揮できる場を見つけて生き生きと動き出すシーンです。このシーンで著者は、主人公に以下のように語らせています。

 帰っていく村田の背を見送りながら、松風は、この人事を絶対に成功させたいと思っていた。集団の中で評価されていない者が、実は、「余人でもって代え難し」といった能力を持っているということを皆に知らせたかった。人は必ずしも自分の能力を出し切っているわけではない。隠れた能力をいかに見つけ出して、育て上げていくかということも、プロジェクトマネージャやプロジェクトリーダの重要な仕事であると、松風はあらためて思った。

(2004/02/11)

●Amazon.co.jp ブックストアで、この本に対する他の人のレビューを読む
●メンターピン・コンサルティング「私の本棚を公開します」に戻って他の書評を読む

| | Comments (0) | TrackBack (1)

情報サービスの低迷

 日本経済新聞によると企業向けの情報サービスの収益が悪化しています。

●日本経済新聞(2004年2月6日付)
 企業向け情報サービス各社、収益が悪化

 情報サービス産業の関係者であれば、この記事は実感できるでしょう。
 しかし、大手から中小まで、状況は驚くほど似通っていますね。
 顧客の価格ダウンの要請に加え、プロジェクトの短納期化、小型化、複雑化による採算性悪化が大きく響いています。

 サイト上の記事には詳細は書いてありませんが、紙面では、これに対する各社の対策として以下が挙げられていました。

 ・ビジネスモデルの転換(情報サービスからBPOサービスへ)
 ・中国企業との連携による価格低減
 ・プロジェクトマネジメントの強化

 この対策を読んで、どこも同じだなぁと妙に安心した人もいるかもしれません。

 でも同病相憐れんでいる場合ではありませんね。
 それに、同じような対策だけを取っていては差異は生み出せないわけで、競争力も向上しません。

 こんな時代だからこそ、いったん深呼吸でもして、自分自身を見つめ直す必要があると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

緩やかな生き方としてのSE

 私は、このブログと同じタイトルのメルマガを発行していますが、1月28日に発行した号では以下のような記事を書きました。

●上司に恵まれないSEのために-自分戦略策定マガジン
 [No.033]緩やかな生き方としてのSE

 この記事は、先日メールを頂いた読者の方のことを心に思い浮かべながら書きました。

 多くのSEは基本的に競争社会の中で活躍しています。
 競争を通じて世の中の人々を幸福にすることが使命です。
 それはプロフェッショナルとして、とても素晴らしいことです。

 しかし、SEの仕事は競争社会の中だけにある訳ではありません。
 地域社会に密着した顔の見える関係の中にも、SEの仕事はたくさんあります。

 コミュニティの中に生きるSEは、無名で平凡な生き方かもしれません。
 でも、楽しく充実したSE人生は、そこにもあるはずです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | April 2004 »